Instagram

Instagram

© あけたらしめる All rights reserved.

20156/12

ねこフェスタに行ってきました

ちょっと前になってしまいましたが、5/31に原宿で開催されたねこフェスタに行ってきました。主催のNPO法人nekonoko10周年イベントとのこと。
切り絵作家のさとうみよさん目当てで参加したのですが、その他にも実り多いイベントとなりました。

ねこフェスタ

内容はわかっていたとは言え、とにかくパネル展が心に突き刺さったのです。
人間に捨てられた動物が保健所でどのような末路を辿るのか。詳細に展示されているパネル群…昔目にしたことはあったけれど、サーシャがいる今となっては特に余りにもつらい現実に感じられました。彼らはただ生きたいだけだったのに。最初は直視できなかったものの、結局見ましたけども。
帰宅して夫は「猫は可愛い。サーシャが来てそれを知った。でも可愛い可愛いだけじゃ駄目なんだ。現状をありのまま知ることは絶対必要なことだ」と言っていました。それを聞いて私は一瞬でも目を逸らそうとした自分を恥じました。

ねこフェスタ

このイベントはこのような命を少しでも減らし、最終的にはなくしていくために何ができるのか具体的に考える良い機会となりました。個人の力は小さくてもできることはあるのです。心の片隅に置いておくだけでもいざという場面に出くわせば何か行動は取れると思います。我が家も2匹目を迎える時には保護猫にすると決定済みです。
今回里親を募集する猫がたくさんやってきていました。猫はビビりな生き物です。みんなケージに入ってドキドキしているのが手に取るようにわかりました。ちっちゃい子猫から大きな猫まで様々。でもここにいるということはもう大丈夫なんだなと思い安心したのと同時に、この場で引き取ることができずに申し訳ない気持ちにもなりました。しかし準備が整ってからにしないと…でももし道端で弱っているのを見つけたら猫に限らずすぐに保護する所存です。見つけたら必ず最後まで責任は全うします。

会場ではキャットフードのサンプルを配布しており、我が家も有難く頂いてきました。両方とも問題なく美味しく頂いたサーシャ。カリカリはわりと何でも食べるのに、ウェットの好みが非常に厳しいw

ねこフェスタ

さとうみよさんに初めてお会いしました。とても気さくな方でTwitterで日々拝見しているので他人とは思えず、何とも嬉しかったなあ。
グッズの収益も一部は猫たちのために寄付されるとのこと。こちらは缶バッジ2種。袋には直筆のイラストが!捨てられません…!

ねこフェスタ さとうみよ

クリアファイルとモバイル巾着。

ねこフェスタ さとうみよ

マウスパッド2種。大勢の猫のほうは夫の所望品です。上でマウスぐりぐりなんて出来ないと壁に飾っていましたw

ねこフェスタ さとうみよ

さとうみよさんは猫の似顔絵も受け付けられていて、勿論サーシャをお願いしました!念願だったのです。その場で描くと2.3時間はかかるとのことで、後日郵送して頂くことになり、先日到着したのがこちら。8月にやってきたのでひまわりと一緒にとお願いしました。素晴らしく可愛い!!早速額に入れて飾らせて頂きました。
いつか切り絵もお願いしたいと申し上げましたら、それを元にマグカップなどのグッズも制作可能だと伺ってすっかりテンションが上がる私w

さとうみよ 黒猫 サーシャ

猫の現状を知ることができ、里親会もあり、展示物ありで充実した時間を過ごさせて頂いたイベントでした。また機会があれば是非参加してみたいと思います。関係者の皆様お疲れ様でございました。ありがとうございました。
猫という存在を通してもっと人にも優しくなれるようなそんな気がします。そうでありたいと思います。

関連記事

20153/6

pica pocaさんの「くろねこ 陶ブローチ」

とても可愛いブローチがやってきました。pica pocaさん作の「くろねこ 陶ブローチ」です。 このつやっとした感じが写真でも伝わるかなと…

20153/7

laboratorioさんの「鯛焼きねこの刺繍ブローチ」

ちょっと前になりますがlaboratorioさん作のブローチをお迎えしました。 大好きな鯛焼きを抱えた黒猫のブローチ。 鯛焼きを食べたい…

「猫やとらじ社長賞」が届きました

リボンキャットコンテストにて受賞した「猫やとらじ社長賞」の賞品が先日届きました。手作りの可愛い消しゴムはんこでした! (さら…

201511/24

猫のぽんたマスコット

鴻池剛さんの「鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!」がカプセルで登場すると聞き、これは欲しい…と思っていました。こちらも大人気だそうです。出来…

20158/16

おがわみわさんのリング「9lives+」

おがわみわさんのリングを愛用させて頂いています。種類はたくさんありますが、その中で様々なメッセージが刻印されているリング、ミルフィーユシリー…

20157/12

OSHAMAさんの「刺繍ブローチ 春待ちねこ」

刺繍作家のOSHAMAさんのところから小さな三毛猫がやってきました。いつもはどうしても黒猫ばかりを選びがちなのですが、この佇まいが忘れられず…

20164/3

granatumさんの「猫のブローチ【M】黒猫」

granatumさんの黒猫のブローチが到着しました。サイズは約6.5cmと存在感のあるもの。瞳にはきらきらの糸で刺繍が施され、瞳の上には極小…

ページ上部へ戻る