Instagram

Instagram

© あけたらしめる All rights reserved.

chou-chinois(シュ・シノワ)さんの「chat noir #13」

chou-chinois(シュ・シノワ)さんという刺繍作家さんと出会ったのは以下の作品「モカ-nyanrozette #02」がきっかけでした。ドット絵のような刺繍をシックな色合いのロゼットに…一目惚れ作品でしたが、この作家さんはこういう感じもお作りになるのか!と驚いたのはおめかし野うさぎのLapin #09おすまし猫のLady #11でした。

chou-chinois 猫 ロゼット

もしかしたらサーシャの刺繍作品を作って頂けないだろうかと思い、ダメ元で連絡してみたところ、快諾して頂いたどころかこんなに細部までこだわってくれるのか…!と驚くほどの熱心さで接してくださったのです。

以下はご参考にとお送りしたサーシャの写真です。たくさんの写真をご参考にしてくださいました。その他にも当ブログのURLもお知らせしてたくさんのサーシャ写真を見て頂きました。

黒猫 サーシャ

黒猫 サーシャ

黒猫 サーシャ

黒猫 サーシャ

黒猫 サーシャ

黒猫 サーシャ

黒猫 サーシャ

黒猫 サーシャ

以下はブローチにするにあたってのchou-chinoisさんのデッサンです。ご許可を頂いて掲載しております。もう最初からこれでお願いします!と言ってしまうレベルなのでした。凄い。美しい…!

chou-chinois シュ・シノワ 黒猫 サーシャ 刺繍 ブローチ

chou-chinois シュ・シノワ 黒猫 サーシャ 刺繍 ブローチ

制作途中の刺繍を見せて下さいました。こんなにこだわって、プロセスの確認までさせて頂けるとは…初めてのことです。既に目力がありますよね。

chou-chinois シュ・シノワ 黒猫 サーシャ 刺繍 ブローチ

こちらが完成したサーシャ刺繍。黒猫は当然ながら真っ黒な毛色なのですが、何色もの糸を使うなどして刺繍を行い、立体感を出してくださったとのこと。顔に光が当たった時につやっとする感じがよく表現されています。この時点で溜息ものでしたが…

chou-chinois シュ・シノワ 黒猫 サーシャ 刺繍 ブローチ

まだまだ先がありました。リボンとネックレスの選択をさせてくださったのです。

chou-chinois シュ・シノワ 黒猫 サーシャ 刺繍 ブローチ

まずはリボンの選択。私の希望はミント系の色。合致するのは左側だと思いますが、偶然にも制作期間中に上京された際に出会ったという右側のリボンの素敵なことといったら!そのお店の方によると海外で買い付けてきたリボンらしく、サーシャに似合いそうな素敵な配色に惚れ込んで購入して下さったとお伺いして感激でした。

chou-chinois シュ・シノワ 黒猫 サーシャ 刺繍 ブローチ

そしてネックレスとトップの選択。トップは3種類。少し透明度のある淡いグリーンのビジューか、下に柄のある海外からの輸入品のビジューか、チェコビーズの赤いドロップビーズの中から夫とも相談して2番目を選びました。やはり黒猫にはどうしても赤が似合うからです。そしてゴージャスな刺繍にぴったりだと思いました。パール部分は6㎜か3㎜のものをご提示頂き、前者を選択。2そのままでお願いすることに。

chou-chinois シュ・シノワ 黒猫 サーシャ 刺繍 ブローチ

そうしましたらその次の日にまたご連絡がありました。パール部分に新しい候補があるとご提示してくださったのです。右が選んだ6㎜のもの。左は色も形も不揃いの米粒のような形のパールで、全体的にほんのり淡いピンク色をしており、パールと透明な小粒のビーズが交互に通してあるもの。実際に接着前の段階で、このように具体的に合わせて見せて頂けるのは有難いこと。新たなご提案の通り、エレガントな印象を受ける左側でお願いをしました。

chou-chinois シュ・シノワ 黒猫 サーシャ 刺繍 ブローチ

ここまで来たら完成は目前。その後手際よく配送してくださって、ついに手元に到着!品名欄にも猫ちゃんを描いてくださったので思わず撮影してしまいました。これってブローチのサーシャだ!こういうお心遣いはなんとも嬉しいものです。

chou-chinois シュ・シノワ  黒猫 サーシャ 刺繍 ブローチ

こちらが届いた完成品!ご覧下さい、この美しさを…!

chou-chinois シュ・シノワ 黒猫 サーシャ 刺繍 ブローチ

猫の顔の凹凸までも表現されています。縁取りはリボンに合わせてでしょう、薄いパープル。ただのパープルではなく、何色も入ってわずかにキラキラしている糸です。

chou-chinois シュ・シノワ 黒猫 サーシャ 刺繍 ブローチ

裏面もリボンが可愛くて。ピンでつける以外にも挟めてつけられるようにもなっています。

chou-chinois シュ・シノワ 黒猫 サーシャ 刺繍 ブローチ

リボンとネックレスがゴージャスかつエレガント。素敵な選択肢をご用意して頂いたおかげなのです。

chou-chinois シュ・シノワ 黒猫 サーシャ 刺繍 ブローチ

即サーシャと記念撮影をしました。大興奮した夫はサーシャに「こんなに素敵なの作ってもらってどうしようね!?どうしよう!すごいね!」と撫でまわして足蹴にされていました(嬉しそう)。私は作品と同封されていたお手紙を拝見しつつ、chou-chinoisさんの作品にかける情熱と素晴らしい出来に胸が熱くなりました。

chou-chinois シュ・シノワ 黒猫 サーシャ 刺繍 ブローチ

その後、よくよく考えました。素敵すぎるブローチだけど気軽にはつけていけない…でも仕舞っておくなどできないと。なので、専門店に依頼して額装をしてもらうことにしました。基本は飾っておき、特別な時だけつけていこうと決めました。夫も一緒に行き、作品に合う額縁と内布を選びました。全部黒にしたのは作品を映えさせるため。ただ真っ黒ではなく質感の違う黒にしましたよ。フレームは光沢を抑えたシックなアンティーク調、内布はつやっとしたベロア生地です。時間はかかりましたが、お店の方も綺麗に可愛く出来たと仰って満足そうでした。

chou-chinois シュ・シノワ 黒猫 サーシャ 刺繍 ブローチ

chou-chinoisさんのサーシャブローチの作品ページはこちら。合わせてご覧下さい。依頼したのが9月半ばでしたから一大プロジェクトのようになったと思います。chou-chinoisさん、本当にありがとうございました。サーシャを愛する気持ちを素晴らしい形で具現化して下さいました。心から感謝を申し上げます。大切にします。元は1本の糸なのに、刺繍ってすごいなあと思うことしきりです。まるで絵画のようですよね。chou-chinoisさんのギャラリーはこちらです。是非ご覧になってみて下さい。ちなみに私的に高ポイントだと感じたのはchou-chinoisさんはベヨネッタのファンでもいらっしゃって、ベヨメガネまで買われた方であるということ!まさかここで共通点を発見するとは…と嬉しい驚きだったことも付け加えておきます。

関連記事

20169/20

DECOLEの猫マスコット

DECOLEのmirandaとconcombreの猫マスコットを久々にお迎え。何か新作は出ているかな?とチェックすると何かしら毎回ツボなもの…

20166/18

猫のぽんたマスコット2

「猫のぽんたマスコット」に続き、鴻池剛さんの「鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!猫のぽんたマスコット2」が届きました。2月から予約していたも…

20167/17

梅雨のサーシャ

梅雨時は湿気がすごいですよね。気温より湿気が私にとっては大敵です。でもサーシャは相変わらず元気いっぱい。強いて言えば肉球がちょっとぺたぺたす…

【フェリシモ】にゃんともぜいたくな 猫まみれハーレムクッション

フェリシモ猫部の新作「にゃんともぜいたくな 猫まみれハーレムクッション」を無視できず、とりあえず一度お願いすることにしました。全4種で毎月1…

サーシャ名刺を掲載して頂きました

今年の3月に黎明美術印刷さんに作って頂いたサーシャ名刺。お渡しする方にはおかげさまで大好評を頂いております。この度、制作実例集としてサーシャ…

201610/29

最近の猫もの

ハロウィンは黒猫が活躍するイベント。ブールミッシュのパンプキンムースを発見して、完全に器目当てで買いました。見本のより器の塗りが甘かったので…

20157/29

周五郎→猫の額→マルルゾロ

猫ものを求めて何か所か行ってまいりました。本当に暑くちょっと歩くだけでも汗が噴き出す日でした。基本インドアな私は途中で気が遠くなりましたけど…

ページ上部へ戻る