Instagram

Instagram

© あけたらしめる All rights reserved.

病院に行ってきました

先日、右耳外側先端付近にポツンと出来物が出てしまったサーシャ。治らないので6/1に病院に行ってまいりました。キャリーバッグを出した途端に病院行きを察知し、逃走を図りましたがあえなく捕まってイン。嫌なことは特に記憶しているのです。ごめんよ。

黒猫 サーシャ 病院

狂犬病のワクチンの季節なのだと思いますが、サーシャ以外の患畜はみんな犬。しかも全員チワワ。キャンキャンヒンヒン!という甲高い鳴き声にキャリーバッグの中で無言で固まっていました。順番が来て診察台に上がったところ。診察台の端っこの限界に陣取るサーシャ。ウーウー言っていますが、自宅とは違い勢いがありません。暴れたり診察台から飛び降りることもなく、完全に恐怖で腰が引けています。

黒猫 サーシャ 病院

ストレスで毛はボッサボサ、診察台が濡れているので漏らしてしまったのかなと思ったら、肉球から出る汗だったのです。猫は汗を出す汗腺が肉球にあり、基本的には呼吸で体温調整しますが、このように強いストレスを感じると肉球に汗をかきます。サーシャをずっと撫でながら大丈夫だからねと声をかけました。

黒猫 サーシャ 病院

内容物を十分に出して検査するには出来物が小さすぎということでしたが、ガラス板に出来物を擦り付けて僅かな内容物を顕微鏡で診てもらいました。診断名は「マラセチア性皮膚炎」。マラセチアはカビの一種(真菌)で、動物の正常な皮膚や耳などに少数いる常在菌。それが増殖し耳に発現してしまったのだろうとのことでした。軟膏を処方してもらい、一週間経過を観察し、変化なしもしくは増大してきた場合は再診。治った場合は軟膏をやめること(一週間以上は塗布し続けない)との説明でした。

黒猫 サーシャ 病院 軟膏

自宅に戻って早速軟膏を塗布。匂いはほぼ無いため塗っても気にする素振りはありませんでした。

黒猫 サーシャ 病院

怖い目に遭った…でもちっくんとかはされなかった!診てもらえば原因がわかるので安心ですね。人も動物も。軟膏の塗布を始めて2日経ちました。明らかに出来物は小さくなってきています。このまま消えてくれれば良いのですが。注意深く経過観察しようと思います。

黒猫 サーシャ 病院

余談ですがふと思い立って、子猫用のミルクと哺乳瓶を購入。いつ保護するかわかりませんので、いざという時に慌てないようにあらかじめ用意しておくことにしたのです。

子猫 ミルク 哺乳瓶

追記(6/7):サーシャの耳の出来物は軟膏がよく効いてすっかり平べったくなり消えました。良かったー!

Instagram

関連記事

20151/29

さとうみよさんの新作ポストカード

切り絵作家さとうみよさんの新しいポストカードを見かけたので早速お迎えしました。 右が「全部僕の!」、左が「月夜星夜」というタイトル。 体…

20155/27

【パルナートポック】ネコの窓辺ネックレス&クララリング

ずっと気になっていたパルナートポックの猫モノがやってきました。 右がクララリング、左がネコの窓辺ネックレスです。 こういう姿あるある!と…

20157/9

【ルチカ】のびねこブローチ

ルチカでツボなブローチを発見。サーシャがダーン!している時のような、ジャンプをした瞬間のようなポーズです。もう一色、シルバーもありましたよ。…

20166/21

ユミオさんのバッグチャーム

密かにお気に入りで集めたいと思っているユミオさんの作品。今回はバッグチャームをお願いしました。売り切れてしまっていましたが、再度お作り頂ける…

201612/4

最近の猫もの

渡辺あきおさんのアートプリント作品「友達」を好きなフレームで額装して頂きました。凛とした印象になったと思います。 (さらに&…

20153/6

pica pocaさんの「くろねこ 陶ブローチ」

とても可愛いブローチがやってきました。pica pocaさん作の「くろねこ 陶ブローチ」です。 このつやっとした感じが写真でも伝わるかなと…

20156/9

ダーン!の季節

猫たちが長く寝そべる季節がやってまいりました。 サーシャもご多分に洩れずのびのびしております。それも含め最近の写真を。 スタスタと歩いて…

ページ上部へ戻る