Instagram

Instagram

© あけたらしめる All rights reserved.

20171/8

猫を保護しました

1/6の夕方、猫を1匹保護しました。下の写真は初めてこの猫を撮ったもの。名前はまだありません。場所は去年の12/14のエントリー「野良の子猫」に書いた現場です。そこにいた4匹の内(成猫2匹+子猫2匹)、成猫1匹を連れて帰りました。

大型スーパーの敷地内にあるそのお店は19時まで営業しているのですが、1/5の21時頃、大型スーパーのほうに寄りがてら夫と二人で猫の様子を見に行きました。以前から1匹だけ風邪をひいているのが気にかかっていました。21時にもなるとかなり冷え込み、その猫は出てきたものの明らかに前回見た時よりも弱っておりよろよろして、まるで老人のような咳をし、飛沫をまき散らしながらくしゃみをしていました。そして口腔内を両前肢で掻き毟るような動きを見せ、その後力なく座り込んでしまいました。

これはまずい。素人目に見ても危ない状態。見てしまった以上は放っておけません。次の日、サーシャの担当医に電話し、野良猫を連れていくが診てくれるかの確認と何時ごろ行くという予告を行い、更に必要なものを用意。夕方現場へ急行したのでした。勿論お店の人に許可を頂き、現場を見て頂きながら。〇〇病院へ行く、そこで風邪の治療を行って、問題をクリアしたらうちで引き取りたいと申し出たところ、許可を出して下さりつつもそこまでして頂けるんですか?と驚いたご様子でした。そこでは餌付け以外には何もしていないのです。捕獲に失敗すると警戒心が生まれ二度目が相当難しくなることから、一発勝負になります。意を決して背後から抱き上げたところ、全く暴れも鳴きもせずあっさりキャリーに入ってくれました。安堵で力が抜けましたが時間がありません。お店の方にお礼を言い、動物病院に時間ぎりぎりに滑り込み成功。車のドアを閉める時に一度だけ小さな声で「にー」と言ったきり全く鳴きません。

声が大きい担当医にも反応せず大人しく座っていました。行く度に思うけど、本当に声が大きい先生…でも良い先生なのです。

体重は3.34kg。5kg弱のサーシャと比較すると小柄で、痩せており体が薄っぺらい。毛づくろいもできないようで体毛はツヤがなくぺたぺたです。

診察台を初めて意識して見ましたが、バタフライという名前みたいです。

駆虫薬を首の後ろに垂らしてもらい、風邪薬を10日間分処方して頂きました。エイズや白血病の検査は風邪薬が切れる前にまた伺い、行うようにしましょうとのこと。サーシャからは完全隔離を言い渡されました。自宅は既に準備万端。これが自宅に到着し、ケージの中に入ってもらったところ。初めて明るいところできちんと顔を見た瞬間です。可愛い顔しているじゃないの!お気に入りフードのシーバと水、そして粉薬を混ぜ込んだちゅーるを置いたものの全く手をつけようしません。ともかく安心してほしいので暖かくして部屋で1匹だけでそっとしておくことに。仲間とみんな4匹でいたのに、いきなり自分だけ知らないところに連れて来られて緊張していますものね。駆虫は3日もあれば完了するそう。そう言えば先生に性別聞いてない…診察時間終了間際にお伺いしたためばたばたしてしまい失念していまいました。年齢もわからぬ…次回です。

さて問題はサーシャです。どの部屋も出入りできたのに、急に一部屋だけ入れなくなった…行こうとしたら人間にやんわりしかし確実にブロックされる…なんだか気配もする…。サーシャの尻尾が床につくくらい下がっているのを初めて見ました。好奇心と未知なるものへの恐怖が混在している様子。ドアの前で張り込みを開始しました。初日はほぼつかず離れずでドアを見ながらうろうろ。

2日目の1/7です。一切飲食せず。鼻をぐずぐずしてうつらうつらしています。呼吸が苦しそう。部屋を暗くして様子を定期的に短時間見る以外1匹にしておきました。

こちらは処方して頂いたもの。駆虫薬は「ブロードライン」という名前で、ノミ・ダニだけではなくお腹の虫も出してくれます。錠剤と粉薬は風邪用です。野良猫だからと初診料は無料にしてくれました。更に謎の値引き「当院負担1,000円」…理由は先生がご多忙で聞きそびれてしまいました。感謝です。検査は後日とは言えそれにしても安い。

次の日の朝、全く飲食をしないのが心配で、それに薬も摂取できないのでアドバイスを担当医に電話で伺いました。環境の変化で何日か食べないことは珍しくないので静かに見守ること。外では食べていたのなら時間が解決する。それよりもサーシャちゃんのストレスにならないように気を配ること、とのこと。ストレスで膀胱炎になる個体もいるのだとか。

追加で買ったもの。駆虫が完了したら体を綺麗にしたいですがいきなりお風呂は難しいだろうと思い、アボ・ダームのドライシャンプー、そして食器などの消毒に使う次亜塩素酸ナトリウムを購入。後者は希釈して使います。100均でスプレー容器も買ってきました。

これも1/7の様子。鼻の周囲にこびりついています。初日より若干リラックスしたような…香箱座りをしているのを目撃。頭も撫でさせてくれました。イカ耳には一切ならず。サーシャと違って全く鳴きません。元気になったらどうでしょうか。

これは本日1/8の様子。ちょっと伸びてきた!鼻を拭いてあげたいと思い、ティッシュにぬるま湯を含ませ実行するも、顔だけいやいやと背けます。でも香箱のまま。深追いはしませんでした。

そして先程。お喋りなサーシャの声がドア越しに聞こえたのか、ドアの向こうから可愛い小さな鳴き声が聞こえました。最初は聞き間違いかと思いましたが、何度かサーシャに釣られるように小さく鳴きました。その後様子を見に行ってみたらごはんが減っており、水の中に落としたフードが入っているのが目に入り、安心して嬉しくて涙が出てしまいましたよ。小さい鳴き声は威嚇でも恐怖でもなく、サーシャに呼応するような調子の声だったと感じました。元の仲間からは離れてしまったけれど、ここにも仲間はいるよ。まだ会えないけど1匹じゃないよ。2匹の猫を褒め、2匹とも目を細めていました。この調子なら風邪薬を摂取できるのも近いはず。

さて現場に残った3匹の猫ですが、やはり気になります。元気はありますが、避妊・去勢はしていないでしょう。順を追ってやっていけたらいいなと思います。全員家の子にできたらいいですがそうもいきません。できる範囲で無理なく少しずつ。

Instagram 

関連記事

20171/14

とにかく暖かく

ニコライの大きくて丸い頭。私の手は小さめということもあり、撫で甲斐がある可愛い頭なのです。今夜はかなり冷えるので敷きタオルを増やし、タオルに…

20172/9

ニコライ、手術終了

ニコライを10時すぎに預けてきました。疑問点など質問をし、同意書にサインして後ろ髪を引かれる思いで先生に託しました。 [caption…

20171/11

命名:ニコライ

1/9夕方すぎくらいから鳴いて要求を伝えるようになりました。空腹、淋しい。日中ずっといるせいか、夫より私に反応を示す傾向があります。撫でると…

20171/25

ニコライ、その後

前回の更新から10日以上空いてしまいました。色々ありブログ更新の余裕がなかったのです。気になっていた方には申し訳ないことをしました。ニコライ…

20171/12

ついに出た

今回はちょっと汚い話が出てきますので最初にお知らせしておきますね。1/12の午前3時、少量ですがついに待望の大が出ました。鳴いて知らせてくれ…

20172/8

明日、手術です

ニコライのことで手いっぱいで日々記録のためにブログ更新をしたかったのですが、その時間すら惜しいと思うほどニコライのそばにいました。明日、全抜…

20172/10

手術を終えて

昨日の夕方、手術を終えたニコライを迎えに行きました。手術は成功。手術の説明や今後のことを先生に伺い、無事に帰宅したのでした。今回はちょっと生…

ページ上部へ戻る