Instagram

Instagram

© あけたらしめる All rights reserved.

20153/5

「黒猫展」in シャトン・ド・ミュー

惜しまれつつ今年の7月に閉廊する銀座の「猫専門ギャラリー&ショップ シャトン・ド・ミュー」において、
長く続いてきた「黒猫展」のファイナルを開催していると知り、Pixel Art Parkの帰りに寄らせて頂きました。

黒猫展

こちらのギャラリーは「ねこの引出し」というショップを併設していまして、楽天にも出店なさっているのです。
そこでお買い物を何度かしている縁で今回の展示会を知った次第。
勿論展示物の写真はありませんが、全てが黒猫尽くし。
夫と共に至福の時間を過ごし、そしてお留守番をしているサーシャに猛烈に会いたくなりました。
対応してくださった方も作家さんの一人。「黒猫は不思議な魅力があるみたいで人を惹きつけるんです」と仰っていました。
そして閉廊の経緯も。30年続いたギャラリーのオーナーさんが80歳代になり閉めようとしたものの、
作家さんたちやギャラリーのファンが頑張って存続させてきたとお伺いしました。しかしだんだん難しくなって一旦閉めることになったとのこと。
今でこそ猫を専門に扱うギャラリーは他にもありますが、シャトン・ド・ミューは先駆けであったこと。
そんなお話を美味しいお茶と共にお伺いしました。FBに詳細が載っています。またどこかで復活できますように。
素敵なポストカードをお土産に。

黒猫展

黒猫展

可愛いグッズまでありました!どなたの絵かわからないのですが(ごめんなさい)小さな缶バッジと、
Blue Worldで有名なAyumiさんの手作りで一点もののネックレス。
フレームが派手かなと思って迷ったものの、やっぱり素敵だし黒猫だし、ギャラリーの記念に連れて帰りました。
3/10まで開催しているので興味のある方は是非是非。

黒猫展

この日は渋谷ヒカリエにも寄り道。
フェリシモ猫部の期間限定ショップが目当てです。
去年知らない間に終了していた猫の靴下ポーチを販売していると知り、どうしても黒猫のが欲しくて。
残念ながら黒猫は売り切れでしたが、はちわれ猫のチョコミント靴下のを連れ帰りました。カワイー

フェリシモ猫部 靴下ポーチ

もりもり増殖する猫関係グッズ。とどまるところを知りません。

関連記事

laputtiさんの作品再び「サーシャ」

先日ご紹介した素敵な絵をお描きになるlaputtiさん。この方にサーシャを描いて頂けたらいいなあ…と思っていましたが、チャンス到来しました。…

20167/7

laputtiさんの「ライム嫌い」

laputtiさんの作品「ライム嫌い」をお迎えしました。これで4作目。ライム嫌いな2匹がギュッと寄り添っていて可愛くて可愛くて。この方のタッ…

201510/20

岡部哲郎さんの猫ポストカード

岡部哲郎さんの気になっていたポストカードを数枚注文しました。上が「TOKYO NEKO STATION」下が「わたしのすきな街。」です。「T…

20155/27

【パルナートポック】ネコの窓辺ネックレス&クララリング

ずっと気になっていたパルナートポックの猫モノがやってきました。 右がクララリング、左がネコの窓辺ネックレスです。 こういう姿あるある!と…

201510/28

kurikoさんの「花とねこブローチ・黒」

kurikoさんの黒猫ちゃんが目に飛び込んできたので思わずお迎えしました。にこっとしている黒猫の首元には立体的なお花が。バレッタやイヤーカフ…

多田すみえ先生が描くサーシャが「アンティークカメオコレクション」に!

昨日ブログに書きました、多田すみえ先生が描かれたサーシャ2作品のうちの片方「サーシャ幼き頃」がなんとこの度、モフリアさんとのコラボ商品として…

サーシャとBibliophilicのクッション

先月の吉祥寺パルコの愛猫祭で知ったBibliophilicというブランド。その時はピンバッジだけの購入で、私はトートバッグ、夫はクッションが…

ページ上部へ戻る